フランス入管「あなたが滞在する施設はどこ?」「刑務所です」:日々雑感その3

欧州では、「エンデミック」という言葉が流布しているようだ。パンデミック、すなわち世界的な感染拡大からエンデミック、すなわち限られた場所季節で発生する感染拡大に移行している、という見方だ。

たとえば、フランスはもう入国時の隔離が免除になっている!(要件をみたせば)。また、観光目的の入国もOKなようなので、(フランスにとっての)インバウンド観光が実質的に再開した、といえよう。

入国にあたって、所定のフォームから情報を入力しなければならない

こちらのサイトで、フランスに入国するにあたって必要なことの公式な情報が閲覧できる。どうやら、フランス行きの飛行機に乗る前に2つのフォーム(EUのフォームとフランスのフォーム)に情報を入れねばならない模様。後者はEos electric formである。このフォームをみていたら、不可解で奇天烈な選択肢があってびっくりした。これは一体なんなんだ・・・

刑務所に滞在するという選択肢がある件

フォーム内に「あなたが滞在する予定の宿泊施設のタイプはなんですか」という質問がある。その中の1つに「jail」すなわち刑務所という選択肢がある。うーん、この選択肢、なんであるの?(笑)

https://passager.serveureos.org/forms/ のページの一部のスクショ

まぁ、確かにこの選択肢を選ばなきゃいけない人もいるんだろうが、これ、どういう意図なのか。ほかの選択肢をみると、ホームレスシェルターというのもある。ベグパッカー(注:物乞いをしながら旅をする人)をフランスは迎え入れたいのか?笑

さいごに

私が理解できていないだけなのかもしれない。世界は広いなあ